TOEIC

英語が苦手でも大丈夫。TOEIC500点を最短時間で突破する方法とおすすめ参考書・教材5選

おそらく、今この記事を読んでいるあなたは、

  • 「TOEICで500点を取るためにはどのくらいの英語力が必要なの?」
  • 「最も時間をかけずにTOEIC500点を突破するための効率の良い学習方法は?」
  • 「TOEIC500点を突破するのにおすすめの参考書は?」
  • 「TOEIC500点って英検だとどのくらいのレベルなの?」

という疑問を持っているのではないでしょうか?

TOEIC500点の英語力は一般的に、

  • 高校中級~高校卒業レベル

と言われており、

  • TOEIC公開テストの平均点である約600点をやや下回るレベル

です。

また、英検に換算すると、

  • TOEIC500点:英検準2級合格~2級挑戦レベル

となります。

では、そんなTOEIC500点無駄なく最も時間をかけずに突破するためには、どのような学習を行えばいいのでしょうか

そこで、この記事を読むことで、

という疑問がスッキリ解決します。

1.TOEIC500点のレベルはどのくらい?

まずは、目指すべきゴールであるTOEIC500点を取得するにはどのくらいの英語力が必要なのかを見てみましょう。

TOEIC500点の英語力を「会話力」「英検のレベル」「語彙力」「仕事・資格としてのレベル」の4つの観点からザックリまとめてみると以下のようになります。

~TOEIC600点の英語力のレベルの目安~

  • 会話力:日常会話レベルであれば要点を理解し応答もできる。基本的な文法・構文は身についている。しかし、複雑な会話を理解できなかったり、自分の意思を表現するには表現力不足が目立つ。
  • 英検:凖2級合格、2級挑戦レベル
  • 語彙力:約4,000語(高校卒業レベル)
  • 仕事・資格としてのレベル:資格としてはギリギリアピールできないレベル。
    (一般的に履歴書に書くことができるTOEICスコアの目安は600点以上と言われている。)

TOEIC公式が公表している「TOEIC500点のレベル」はこのくらい

実際に、TOEICで500点のレベルの目安としてTOEIC公式(TOEICを主宰しているIIBC国際コミュニケーション協会)は以下のように述べています。

TOEIC公式(ETS/IIBC)

  • 【リスニング】
    • 短い会話において、特に語彙が難しくないときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できることもある。
    • 長い聴解文において、情報の繰り返しや言い換えがあるときは、話の主旨、目的、基本的な文脈が理解できる。
    • 短い会話において、簡単な、または中級レベルの語彙が使用されるときは、話の詳細が理解できる。
    • 長い聴解文において、情報が繰り返され、解答に必要な情報が話の最初か最後に提示されるときは、話の詳細が理解できる。情報が少し言い換えられていても、詳細が理解できる。

  • 【リーディング】
    • 限られた長さの文章においては、簡単な推測ができる。
    • 文章中に使われているのと同じ表現が問題に使用されているときは、事実に基づく情報に関する問題に正答できる。正しい選択肢が文章中の情報を簡単に言い換えたものであれば、事実に基づく情報に関する問題に答えられることもある。
    • 一つの文、または二つの文にわたる情報を関連付けることができることもある。
    • 簡単な語彙が理解できる。中級レベルの語彙を理解できることもある。
    • よく使用される、規則に基づいた文法構造が理解できる。文法以外に難しい言語的要素(難しい語彙が使われている、情報を関連付ける必要がある)がある場合でも、文法的に正しい選択肢が選べる。

レベル別評価の一覧表|TOEIC Listening & Reading Test|【公式】TOEIC Program|IIBCより)

英検に換算すると凖2級~2級レベル。

また、TOEIC500点を英検のレベルに換算してみると、「英語力評価及び入学者選抜における英語の資格・検定試験の活用について 基礎資料2」より、

  • TOEIC500点:英検準2級合格~2級挑戦レベル

と言うことができます。

そこで、英検準2級~2級がどのくらいの英語レベルなのかというと、英検を運営している公益財団法人 日本英語検定協会は以下のように述べています。

日本英語検定協会

  • 【凖2級】
    • 高校中級程度
    • 高校卒業段階の英語力の達成目標
    • 大学入試レベル

  • 【2級】
    • 高校卒業程度
    • 2級から海外留学
    • 大学入試レベル
    • 海外留学、国内での入試優遇・単位認定など、コミュニケーション力が高く評価されます

各級の目安 | 英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会より)

すなわち、簡単に言うと、

  • 高校の基礎的な部分は完璧にでき、大学入試レベルもだいたいはカバーできる

くらいのレベルと考えるとわかりやすいです。
つまり、大学院生並みの英語論文をバリバリに読むほどの英語力は微塵も要らないというわけです。

そう考えると、あなたも、TOEIC500点くらいなら結構簡単に取れる気がしませんか?

TOEIC500点は日本人全体の平均レベル。

また、TOEIC500点は、

  • 日本人の平均的な英語レベル

とも言うことができます。

ここで、TOEIC公式が公表しているデータ「TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版」より、2018年~2020年のTOEIC公開テスト全受験者の平均点を見ると、ちょうど600点前後であるということがわかります。(下図参照)

(引用元:TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版

ですが、このTOEIC公開テストのデータは、あくまでも、TOEICを個人で進んで申し込んで受験している人達のデータです。

  • すなわち、「普段からTOEICの対策をしている人」「何度もTOEICを受け続けている人」の平均点は約600点

ということができます。

一方で、TOEICには"IPテスト"という、通常の個人で申し込む通常のTOEIC公開テストとは別の、学校や企業などが団体で申し込んで受験するタイプのものが存在します。
これのIPテストは、大学内や社内の実力テスト的な位置づけで実施されることが多く、どちらかというと、

  • 普段からTOEIC対策などをしていない人も受験している(会社や学校に半強制的に受験させられる場合が多い)

ため、いわば「抜き打ち」的な要素が高い試験です。
すなわち、

  • IPテストのデータは、特別にTOEIC対策などをしている人もそうでない人も含んだ真の日本人の英語力

とも捉えることができます。

そこで、「TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版」より、2018年~2020年のTOEIC IPテスト全受験者の平均点を見ると、公開テストよりも約100点ほど低い約500点くらいであることがわかります。(下図参照)

(引用元:TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版

これより、

  • TOEIC500点は、TOEIC対策や英語の学習を普段から行っている人もいない人も含んだ日本人の平均レベル

だということがわかります。

すなわち、TOEIC500点は、ちょっとTOEIC対策をすれば誰にでもすぐに手に届くレベルだということです。
(具体的な対策法に関してはTOEIC500点を最短距離で達成するのに最適な学習方法は?にて解説しています。)

大学生としてのTOEIC500点のレベルは?

また、

  • 「大学生にとってTOEIC500点ってどのくらいのレベルなの?」

という疑問にもお答えしましょう。

TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版」より、2020年のTOEIC公開テストの大学生受験者のデータを見てみると、以下のようとなっています。

(引用元:TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版

同様に2020年のTOEIC IPテストの大学生受験者のデータは以下のようになります。

(引用元:TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版

上のデータから、

  • TOEIC公開テストの大学生受験者の平均点:607.75点
  • TOEIC IPテストの大学生受験者の平均点:501点

となり、大学生のデータにおいても、公開テスト、IPテストともに全体受験者の平均点とほぼ変わらないということがわかります。

このことから、TOEIC500点は、

  • 普段から自主的にTOEICを受験している or TOEIC対策をまともにやっている大学生の平均をやや下回るレベル
  • 普段からTOEIC対策をしていない人も含んだすべての大学生の平均レベル

ということがわかります。

なので、大学生の場合でも、TOEIC500点くらいなら、ちょっとでもTOEIC対策の学習をすれば、簡単に手の届く点数だということがわかります。
(具体的な対策法に関してはTOEIC500点を最短距離で達成するのに最適な学習方法は?にて解説しています。)

TOEIC500点は、転職活動・就職活動ではどのくらい有効?

また、

  • 「TOEIC500点って就活や転職活動で有利になるレベルなの?」
  • 「TOEIC500点は履歴書に書いてもいいレベル?」

という疑問にもお答えしましょう。

結論から言うと、

  • TOEIC500点は「英語できるアピール」として履歴書に書くには少々足りないレベル

です。

一般的には、TOEIC600点以上「英語できるアピール」として就職転職活動にて使うことができると言われています。

TOEIC Program DAA2021(和文)2021年7月版」実際のデータを見てみてみると、「新卒内定者の平均547点」「企業のIPテストの平均522点」なので、TOEIC500点台は「社会人として標準的な英語力」「出来てあたりまえ」のレベルであり「英語ができますよ」と言うにはちょっと足りないレベルだということがわかります。

さらに、TOEIC公式が公表しているデータ「上場企業における英語活用実態調査 2013年」でも「企業が全社員に求める期待スコア平均は600点」と言われています。

(引用元:上場企業における英語活用実態調査 2013年

また、ある程度レベルの高い企業や職種の場合は、逆に「TOEIC500点」を履歴書に書いてしまうと、逆に「英語できないことのアピール」となってしまい逆効果となるリスクもあります。

なので、就職活動や転職活動でTOEICスコアを使おうと考えている人は、

  • 最低でもTOEIC600点以上

を目標にするといいでしょう。

ちなみに、TOEIC600点を取得するために必要な英語力や効率の良い学習法については3ヶ月で達成!TOEIC400点から600点まで時間をかけずに伸ばす学習法は?にて解説しています。

3ヶ月で達成!TOEIC400点から600点まで時間をかけずに伸ばす学習法は?

おそらく、今この記事を読んでいるあなたは、 「TOEIC600点を目指しているけど、今はTOEIC400点しか取れない」 「TOEIC400点でも600点は取れる?」 「TOEIC600点にはどのくら ...

続きを見る

2.TOEIC500点を最短距離で達成するのに最適な学習方法は?

ここまでで、目指すべきTOEIC500点のレベルは大体わかったかと思います。
そこで、ここからは、

  • 「じゃあ、TOEIC500点を効率よく突破するにはどうしたらいいの?」
  • 「どんな学習が必要?」

という疑問に答えていきます。

結論から言うと、TOEIC500点を突破するために必要な学習は、

  • 市販教材での独学で十分

です。

よく、「TOEIC® LISTENING AND READING TEST 完全攻略500点コース」のような高価な商材もありますが、ハッキリ言ってお金がもったいないです。
TOEIC500点レベルならば、そのような高価な教材に手を出さなくても、市販の教材を適切な使い方で使い倒して学習を行えば十分突破できるからです。
(また、高価な教材を使ったからと言って、学習時間が短縮できるわけでもありません。)

むしろ、「どんな教材を使うか」よりも「どう使うか」の方が圧倒的に重要となってきます。(後ほども解説しますが、最短時間でTOEIC500点を突破するにはこの「どう使うか」がめちゃくちゃ重要となります。)

TOEICで500点を取るためには必要な学習はこの3つ

では、TOEICで500点を最短時間で効率よく突破するには、実際にどのように学習を進めていけばいいのでしょうか。

結論から言うと、基本的には、

  1. 根本的な英語力を身につける学習
  2. ボキャブラリ(単語・フレーズ)を身につける学習
  3. TOEICの問題を解く力を身につける学習

の3つの学習をバランスよく行います。

これは、TOEIC500点に限らず、700点だろうが800点だろうが「TOEICでスコアを取る力」を身につけるためには、この3つの学習を行うのが鉄則です。

とりわけ、TOEIC500点を突破する場合は、「①根本的な英語力を身につける学習」「②ボキャブラリ(単語・フレーズ)を身につける学習」をしっかりと身につけることが特に重要となってきます。
(逆に①②がしっかり身についていれば③はほぼやらなくても突破できてしまう場合もある。)

最短距離で身につけるコツは「英語についての知識」ではなく「英語を英語で理解する力」を身につけること

ここで、先ほどの「①根本的な英語力を身につける学習」において、一つだけ注意しておきたいことがあります。

それは、

  • 文法知識日本語訳丸暗記などに頼った「英語についての知識だけを詰め込む学習方法」や「日本語で英語を理解する学習方法」は、TOEICでは全く通用しない

ということです。

TOEICでは「科目としての"英語"」は通用しない。

確かに、学校の英語の授業・定期テストや大学受験の英語の試験などでは、文法知識や日本語訳丸暗記の学習方法でも通用したかもしれません。

それはなぜかというと、

  • 学校の英語の授業・定期テスト大学受験の英語「科目としての"英語"」の力を測る試験

だからです。

ですが、残念なことに、

  • TOEICでは、文法知識や日本語訳の丸暗記などに依存した「科目としての"英語"」は、一切通用しません

なぜかというと、

  • TOEICは同じ「英語の試験」でも、英語を英語で理解し自在に操る「言葉としての"英語力"」を測るための試験

だからです。

それゆえ、文法知識や日本語訳丸暗記などの、"学校で習った英語"と同じ学習方法では、たいてい、

  • ×)思うようにTOEICの点数が伸びない
  • ×)ある程度までは点数が伸びるかもしれないが、学習時間が膨大にかかる

という壁にぶち当たってしまいます。

これはおそらく、TOEICスコアを伸ばそうと英語の学習を行っている日本人のほとんどが陥っている罠と思われます。
また、特に、英語に苦手意識がある人ほど、この「科目としての"英語"」の学習法を行ってしまっている場合が多いです。

なので、「TOEICで点数を取ること」を目的とする場合は、

  • 「科目としての"英語"」は捨てて、最初から「言葉としての"英語力"」を身につけるための学習を行う

ことが、最短距離でTOEICのスコアを伸ばすための最も重要なポイントとなってきます。

この、「言葉としての"英語力"」を身につけるための学習を行うことで、

  • 時間をかけずに効率よくTOEICの点数を伸ばすことができる
  • 天井知らずにグングン点数が伸びる

ということが実現できるというわけです。

実際に、この「言葉としての"英語"」の学習法にシフトしたことで、約半年で645点→851点まで+200点UPしたという実例もあります。
(それに関しては【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。にて詳しく解説しています。)

【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。

おそらく、今この記事を読んでいるあなたは、 「TOEICの勉強をしているけど、いくらやっても思うように点数が伸びない。」 「ある程度のところまでは点数が伸びたけど、今の学習方法ではもう点数が伸びなくな ...

続きを見る

「言葉としての"英語力"」を身につけるには?

では、TOEICで通用する「言葉としての"英語力"」を身につける学習とは、具体的にどのように行えばいいのでしょうか。

それは、

  1. 原則英語は英語で理解すること("日本語英語"は捨てる)
  2. 「"聞く"+"話す"」から身につけること

の2つを踏まえた学習です。

それはなぜかというと、、

  1. 英語を英語で理解できるようになるには、英語を英語で理解する経験をひたすら積むのが近道だから
  2. 人間の脳の原理に基づくと、

      「"聞く"+"話す"」(音声言語)で英語の言語ネットワークを作る→「"読む"+"書く"」(文字言語)に応用できるようにする

  3. という順番で学習するのが最も効率が良いから

です。

(より詳しい解説に関しては【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。で行っているのでそちらをご覧ください。)

【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。

おそらく、今この記事を読んでいるあなたは、 「TOEICの勉強をしているけど、いくらやっても思うように点数が伸びない。」 「ある程度のところまでは点数が伸びたけど、今の学習方法ではもう点数が伸びなくな ...

続きを見る

3.TOEICで500点を最短距離で達成するためのおすすめな参考書・教材は?

ここで、

  • 「じゃあ、具体的にどんな教材を使ってどうやって実践すればいいの?」
  • 「おすすめの参考書とかある?」

と思いますよね。

そこで、先も説明した、

  1. 根本的な英語力を身につける学習
  2. ボキャブラリ(単語・フレーズ)を身につける学習
  3. TOEICの問題を解く力を身につける学習

3つの学習スムーズに実践するのに適した具体的な参考書・教材とその効果的な使い方もご紹介していきます。

「①根本的な英語力」を身につけるためのおすすめ教材

まずは、「①根本的な英語力を身につける」ためのおすすめ教材・学習法から紹介いたします。

「英語は逆から学べ!実践トレーニング編」で英語耳を作る

(引用元:楽天ブックス
根本的な英語力=「言葉としての英語力」を身につけるための一つ目の学習法は、

  • ひたすら英語音声を聴き流して、脳に無意識レベルの英語の言語ネットワークを作る

という学習です。

「"聞く+話す"」「聞く」に当たります。
これは、赤ちゃんが母国語を身につけるときに、まずは周りの大人が話している「正しい母国語」を聴き続けるのと同じプロセスです。
これを行うことによって、後々英語を「話す」「書く」「読む」ためのすべての土台となる「英語脳」が形成されます。

では、具体的に何をどうやるかというと、

  • 一つの同じ音源を、起きている時間ずっと、とにかくエンドレスリピートでBGMのように聴きまくる

ということをします。

これを実践するうえで押さえておきたいポイントは以下の4つです。

  1. 音源は必ずネイティブが話す英語のみが収録されているものを使用する。
    (日本語が入っていると"日本語英語"となり、逆効果。)
  2. 音源の種類は自分の好きなオーディオブック、自分の好きな映画の音源、YouTubeにある自分の好きな英語ネイティブの有名人のインタビュー動画、今あなたが持っている教材音源など、何でも構わない。
    (できれば自分の興味のあるジャンルのものである方が無意識的に聞き入るので良。)
  3. 意識的に集中して頑張って聞き取ろうとする必要はない。聞いているときは何も考えなくてもよい。それよりもとにかく長時間漠然と"脳に聴かせる"ことが重要。起きているときは常に聴くくらいの感覚。
  4. 余裕がある場合は、音源だけではなく、映画を字幕なしで観る「視覚情報」と「聴覚情報」が結びつくのでさらに効果的。(一つの同じ作品を観続ける。)

基本的には何も考えずに、「耳で英語を浴びる」くらいの感覚でいいです。
逆に意識的に意味を理解しようとして聞くというやり方は、無意識レベルで英語を理解する力を身につけることの妨げとなってしまいます。
また、聴く時間は長ければ長いほど早く英語の神経ネットワークの形成が進みます
そして、日本語訳が流れる音源だと「英語を日本語で理解する悪い癖」が付き、むしろ逆効果となるので、音源は必ず"英語の音声のみ"が収録されている音源とするのが重要となります。

そして、これを実践しするうえで最もおすすめできる教材は、

に付属している"バイノーラルCD"の英語音源です。
すべてネイティブスピーカーの英会話のみが収録されており、書籍本体にはスクリプトが載っているので後々リーディングの教材としても使うことができます。
また、音源の収録方法が"バイノーラル録音"となっており、特にイヤホンやヘッドホンで聞くと、本当に自分の周りでネイティブスピーカーが会話しているように聞こえます。
(ちなみに「バイノーラル録音」とは以下のような録音方法を指します。)

人間の頭部や、その音響効果を再現するダミー・ヘッドやシミュレータなどを利用して、鼓膜に届く状態で音を記録することで、ステレオ・ヘッドフォンやステレオ・イヤフォン等で聴取すると、あたかもその場に居合わせたかのような臨場感を再現できる、という方式である

 
バイノーラル録音 - Wikipedia

最初のうちは英語音声を聞いても、何を言っているのかさっぱりわからないかもしれませんが、5日、1週間、1か月とこのCD音源だけをエンドレスリピートしていくうちに、「意味のない音」にしか聞こえなかった英語音声が、だんだん「意味のある言葉」として聞こえてくるようになります。(やってみるとわかります。)

(実際にこれを使ったレビューや、さらに詳しい使い方やコツに関しては【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。で解説しています。)

英語は逆から学べ! 実践トレーニング編 [ 苫米地英人 ]

価格:1,650円
(2022/2/19 12:25時点)

さらに余裕がある場合は、映画や海外ドラマなどを利用して、視覚情報も組み合わせて行うとよいでしょう。
視覚情報を組み合わせることでさらなる効果が得られます。

「DMM英会話」で英語力を完成させる

根本的な英語力=「言葉としての英語力」を身につけるための二つ目の学習法は、

  • 自ら能動的に英語を"話す"ことによって根本的な英語力を定着させる

ということを行います。

先ほどの「英語音源聴きまくりトレーニング」で、ある程度英語のまま英語の意味が感覚的に掴めるようになってきたら、いよいよその言語ネットワークを意識的に理解・操作できるようにします。

ここで、もしかすると、

  • 「リスニングやリーディングには話すトレーニングは必要なの?」

と思うかもしれませんが、リスニング(聞く)ができるようになるにも、リーディング(読む)ができるようになるにも、必要となるのは「すべての土台となる英語力」です。
あくまでも「リーディング・リスニング・ライティング・スピーキング」などの四技能はその「根本的な英語力」の活用の仕方違いにしかすぎません。
そして、先ほども「言葉としての"英語力"」を身につけるには?でも述べましたが、この「土台となる根本的な英語力」を身につけるうえでは、「聞く+話す」から行うのが最短距離で身につけることができるなのです。

音源聴きまくりトレーニングでは、全体的にボヤっとした意味が掴めるようにはなります。
しかし、細かいところまではハッキリ意味を理解できないかと思います。
そこで、ボヤっとした意味が理解できる状態から、細かい部分までハッキリと意味が理解できるようにするには、自ら能動的に「話す」のが一番手っ取り早い方法です。(「聞く+話す」の"話す"にあたります。)

もちろん、この「聞く+話す」"すべての土台となる英語力"がきっちりと備わって入れば、あとはそれを文字言語に応用するだけで「読む+書く」の能力も最短時間で身に付きます

そして、その「自ら能動的に英語を"話す"ことによって根本的な英語力を定着させる」のを最も効率的に行うことができるのは、オンライン英会話を活用することです。

オンライン英会話といってもさまざまな種類のものが存在しますが、とりわけ、この「自ら能動的に英語を"話す"ことによって根本的な英語力を定着させる」トレーニングを行う際は、

が最も実践しやすく、おすすめできます。

具体的な使い方としては、

  • 教材のフレーズをそのまま読むようなレッスンではなく、「フリートーク」「フリー英会話」「フリーディスカッション」などのなるべく自分で言葉を考えて話すような形式のレッスンを、毎日短時間繰り返し行う

のが最も効果的です。
(ですが、全く言葉が出てこないという場合は、最初は「日常会話フレーズ」などのレッスンで基礎的なフレーズを覚えるところから始めても構いません。)

そして、ある程度、フリートークのような自由形の会話でもスラスラ英語が出てくるようになったら、1~2分でサクッと読める簡単な英語記事が英語力のレベル別・カテゴリ別にまとめられている、

  • DMM英会話 デイリーニュース

を利用して、

  • 「聞く+話す」で身につけた英語力を、文字言語としてリーディングに応用するトレーニング

も行います。

ここまでの、

  1. 英語を聴きまくって無意識レベルの英語の言語ネットワークを作る
  2. 自ら英語を発話することを毎日繰り返すことで、日本語を介さずに細かいところまで英語を理解できるようにする
  3. 「聞く+話す」で作り上げた英語の運用能力を、文字言語に応用してリーディングでも発揮できるようにする

3つの学習を並列的に繰り返すことで、TOEICの土台となる「根本的な英語力」を最短時間で身につけることができます。

「②ボキャブラリ(単語・フレーズ)」を身につけるためのおすすめ教材

続いては、「②ボキャブラリ(単語・フレーズ)を身につける」ための学習法・おすすめ教材をご紹介いたします。

TOEICでスコアを伸ばすためのボキャブラリの学習には、大きく分けて以下の2つがあります。

  1. 基礎的なボキャブラリの習得
  2. "TOEICならでは"のボキャブラリの習得

「キクタン」で基礎的なボキャブラリを身につける

(引用元:改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル - 株式会社アルク
まずは、TOEIC500点を突破するために最低限必要な、

  • 基礎的なボキャブラリの習得

を行います。

それぞれのTOEICのスコアと必要なボキャブラリは一般的に以下のように言われています。

  • 400点:約3,000語(中学英単語網羅レベル)
  • 500点:約4,000語(高校卒業レベル)
  • 600点:約5,000語(大学入試レベル)
  • 700点:約7,000語(大学一般教養レベル)
  • 800点:約8,000語(大学中級レベル)
  • 900点:約10,000語(英検準1級~1級レベル)

上を見てわかるように、TOEIC500点の取得に最低限必要なボキャブラリは、約4,000語です。
確実にTOEIC500点を突破するためには、あれこれ応用的なボキャブラリを学ぶ前に、まずはこの4,000語レベルのボキャブラリを完璧にすることが重要となります。

そして、この4,000語レベルの語彙力を身につけるためには、最低でも、

改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル [ アルク文教編集部 ]

価格:1,540円
(2022/4/9 13:13時点)


は完璧にマスターしておきましょう。

「世界一わかりやすい TOEICテストの英単語」で"TOEICならでは"のボキャブラリを身につける

(引用元:「世界一わかりやすい TOEICテストの英単語」 関 正生[語学書] - KADOKAWA
そして、基礎的なボキャブラリをキッチリマスターした後は、

  • TOEICによく出る"TOEICならでは"のボキャブラリ

を身につけます。

というのも、TOEICには、

  • ほぼ毎回のように出る単語・フレーズ
  • よく問題のポイントとして使われる単語・フレーズ

というものが存在します。

なので、この「"TOEICならでは"のボキャブラリ」を押さえるだけで、一気にググっとスコアを伸ばすことが可能となります。

そして、この"TOEICならでは"のボキャブラリを効率よく身につけるには、

というTOEIC専用単語帳がおすすめです。

TOEICに特化した単語帳は他にも存在しますが、この「世界一わかりやすい TOEICテストの英単語(KADOKAWA)」は特に、

  • TOEICに本当によく出る804語に厳選されているので、短時間で出来、即スコアに反映されやすい。
  • そのままの形で出題されるフレーズ・例文(キラーフレーズ)が載っている。
  • 似たような意味の単語フレーズが連続して並べられているのでまとめて覚えやすい。
  • 「出題確実の鉄板単語」「みんなが勘違いしやすい単語」「もう一つの「品詞」が狙われる単語」「900点以上を目指す人のための実際に出る「難」単語」などといったように、レベル別・特徴別にユニット(章)がまとめられているので便利。

というメリットがあるので非常におすすめできます。

世界一わかりやすい TOEICテストの英単語 [ 関 正生 ]

価格:1,650円
(2022/2/19 12:20時点)

「③TOEICの問題を解く力」を身につけるためのおすすめ教材

続いては、「③TOEICの問題を解く力」を身につけるための学習法・おすすめ教材をご紹介いたします。

この「③TOEICの問題を解く力」がないと、先ほどの「①根本的な英語力を身につける学習」「②ボキャブラリ(単語・フレーズ)を身につける学習」で身につけた英語力をTOEICで思うように活かすことができず、非常にもったいないこととなってしまいます。

TOEICオンライン模試「e-TEST」でTOEICの問題を解く力を身につける

そこで、「③TOEICの問題を解く力」最短時間で身につけるには、

  1. TOEICオンライン模試e-TESTをエンドレスリピートで解きまくる
  2. e-TESTで毎回500点を安定して取れるようになったら、本試を受ける

というのが最も効率が良い方法です。

TOEICオンライン模試e-TESTとは、簡単に言うと、

  • オンライン上でTOEICの問題を解くことができるサービス

です。

世の中には他にも似たようなTOEIC模試が存在しますが、なぜこのe-TESTが「③TOEICの問題を解く力」を身につける上で効率が良いかというと、

  • 全3000問の問題の中から毎回ランダムに出題されるので、初見問題をサバく実力が着実につく
  • 1問ずつ制限時間があるので、リアルなTOEIC本試のスピード感が身につく
  • 模試1回あたり30分に凝縮されているので、忙しいビジネスパーソンでも、空いた時間にサクッとできる
  • スマホからも使えるので家にいなくても、職場でも電車でもカフェでもどこでも手軽にできる
  • 毎回得点(スコア)がしっかり計算されておまけに保存もされるので、自分の現時点での実力、実力の伸びを把握できる

という特徴があるからです。

特に、市販の教材公式問題集なのでよくある、

  • ×)同じ問題しか解けないので、初見問題を解く力が身につかない
  • ×)解くスピードが身につかない

という問題をe-TESTでは解消できるという点は最強です。

(実際にこのe-TESTを使ってTOEIC600点台から800点台まで伸ばした話は【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。にて解説しています。)

また、問題の精度がかなり高いので、

  • e-TESTでのスコアと本番のTOEICで取れるスコアはかなり近くなる

という特徴もあります。
(↓実際にe-TESTを利用した人の声)

~e-TESTの利用者の実際の口コミ~

横浜市:高山様

「とにかく、このe-TESTとTOEIC®の相関がかなり正確に出ることに驚きました。 と言うのも、2ヶ月前に受けたTOEIC®では、780点であったのに対し、e-TESTでは、760点でした。」

e-TEST公式受験者の声より)

なので、

  • e-TESTで500点以上を安定して取ることができるようになったら、TOEIC本番でも500点以上取ることができるサイン

ということです。

TOEIC500点を無駄なく最短時間で突破する方法まとめ

TOEIC500点を無駄なく最短時間で突破する方法

さらに詳しいTOEICで高得点を取るためのコツ・学習法に関しては【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。で詳しく解説しているのでそちらをご覧ください。

【TOEIC対策】半年で206点UP!私が行った2つのTOEICの最短距離学習法。

おそらく、今この記事を読んでいるあなたは、 「TOEICの勉強をしているけど、いくらやっても思うように点数が伸びない。」 「ある程度のところまでは点数が伸びたけど、今の学習方法ではもう点数が伸びなくな ...

続きを見る

Copyright© エイペディア , 2022 All Rights Reserved.