[PR]

TOEIC エイペディア式

「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」の効果的なやり方と3つのコツまとめ【完全版】

今、このページにたどり着いたあなたは、おそらく、

  • 「"英会話で英語脳を完成させるトレーニング"の具体的なやり方は?」
  • 「"英語音源聴き流しトレーニング"以外にはどんな学習をしたらいいの?」
  • 「短期間で成果を出すためのコツや注意点は?」

という疑問を抱いているのではないでしょうか。

最初に、「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」のやり方を一言でザックリ言ってしまうと、

  • 「英語を英語のまま理解する」+「発話意図を英語のまま考えて発話する」ことを意識しながら、英会話を行う

というものです。

そして、このトレーニングを行うことで、「英語音源聴き流しトレーニング」で「英語を英語のまま全体的にぼんやり理解することができる」状態まで成長したところから、

  • 「細かいところまで一言一句クリアに英語を英語のまま理解できる状態」

に進化します。
そして、ここまできたら、遂に、「英語を英語で理解することができる真の英語脳」は完成です。
すなわち、

  • 英検だろうが、TOEICだろうが、大学入試だろうが、ビジネス英会話だろうが、日常英会話だろうが、全てに通用する「根本的な英語力」の土台

が手に入ります。

ちなみに、ここまでのトレーニングをキッチリ行えば、TOEICのリスニングセクションは完全にカバーすることができます。
(誰でも、最低8割以上はコンスタントに取れるようになります。)

実際に、この「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」を含んだ学習を実践して、下記のように、約3ケ月TOEICスコアが、645点→851点に約+200点もUPした実例もあります。


※(オンラインTOEIC模試e-TESTにて)

では、さっそく、

について詳しく見ていきましょう。

1.「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」の目的と効果

目的

まず、第一に、「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」の目的は、

  • 「英語を英語で理解する力」を完全に完成させ、定着させる

ことです。

実際に英会話を通じて英語を自ら能動的に操ることで、「英語音源聴き流しトレーニング」で身に付けた英語の言語神経ネットワークの土台がさらに磨き上げられ、英語を一言一句細部まで理解することができる「英語を英語で理解する力」がついに完成します。

これは、赤ちゃんが母国語を学ぶ、

  • 「見る・聴く・感じる」→「話す」→「文字を覚える」

のプロセスで言うと、

  • 「話す」

の段階に相当します。

効果

では、この「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」を行い、「英語を英語で理解する力」が完成することで、具体的にどのような効果が得られるのでしょうか。

結論から言うと、

  • 英語を英語のまま、ハッキリ・スッキリ細部まで理解できる

というような状態になります。

もう少し詳しく言うと、「英語音源聴き流しトレーニング」で、全体的にぼんやりと英語音声の「意味が聞こえる」ようになった段階から、ハッキリ・スッキリ、クリアに事細かに英語の意味を英語のまま理解できる状態になります。

細かいところまで一言一句理解することができるようになるので、たとえばTOEIC英検などの高度な英語力が必要とされる英語能力検定試験でも、

  • 引っ掛け問題にも騙されないようになる
  • ややネイティブ的能力が試される高難易度な問題もラクラク解けるようになる

ようになります。

また、TOEICのリスニングセクションに関しては、この「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」「英語音源聴き流しトレーニング」の2つのトレーニングを繰り返し徹底的に行うだけで完全にカバーすることができます。

2.「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」の具体的なやり方と3つのコツ・注意点

ここで、

  • 「で、「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」って具体的にどうやってやればいいの?」

と思いますよね。

ということで、ここからは、「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」の具体的な実践方法について解説していきます。

具体的なやり方

「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」の具体的なやり方・実践方法は、

  • 英語を英語のまま理解+発話することを意識しながら、オンライン英会話を用いて英会話を行う

というものです。

これだけを聞くと非常にシンプルに聞こえますが、このトレーニングを実践するうえで、効果を確実に発揮するために必ず押さえておく必要のあるポイント・注意点3つ存在します。
(※この3つのポイントを押さえて実践しないと、場合によっては全く効果が出ない可能性もありますのでご注意ください。)

効果的に行うための3つのコツと注意点

  1. 短時間でいいのでなるべく毎日、継続的に行う
    (※「一週間に数時間行う」などというように一気にまとめて行っても効果が出にくいので注意)
  2. なるべく自由に発話できるフリートーク系のレッスンを選択する
    (※文法レッスンや、ボキャブラリレッスンなどの、"覚え込み作業系"のレッスンだと効果が出にくいので注意)
  3. フレーズの丸暗記・日本語訳で理解するなどはNG
    (※英語を英語で理解する力が身につかないどころか、むしろ逆効果となってしまうので注意)

上記にあるように、トレーニングの実践頻度は、一日に数十分でいいのでなるべく毎日継続的に行うと効果が出やすいです。
逆に、たとえば「土日に3~4時間まとめて行う」というように、まとめて長時間やるようなやり方だと効果が出にくいので注意が必要です。
たとえば、DMM英会話を利用してこのトレーニングを実践する場合は、1レッスン25分を1日一回受けるだけで十分です。

また、レッスンの種類に関しては、なるべく自分の頭で考えて自由に発話・会話することができる"フリートーク系"のレッスンを選択するようにします。
逆に、「決まったフレーズをそのまま丸々リピートするだけ」のレッスンや、「ボキャブラリ暗記するだけのレッスン」では、このトレーニングには向いていません。
なぜなら、「自分の意図を英語のまま直で表現する」というこのトレーニングにおいて最も重要なエクスペリエンスを積むことができなくなってしまうからです。
たとえば、DMM英会話を利用してこのトレーニングを実践する場合は、「Describing Pictures(写真描写)」「Discussion(ディスカッション)」「Conversation Topics(テーマ別会話)」らのレッスンがこのトレーニングを行うのに適しています。

ただし、もしも、上記のような「フリートーク系のレッスンを行うのが英語力的にまだ難しい」という場合は、まずはある程度慣れるまでは日常英会話などの英会話の基本的なレッスンからはじめるのが良いでしょう。
例えば、DMM英会話の場合だと、「Conversation(会話)」の基礎レッスンが良いでしょう。

3.リアル英会話教室で行うのはアリ?

ここで、

  • 「オンライン英会話じゃなくて、リアル英会話教室でこのトレーニングを実践してもいいの?」

と思うかもしれません。

結論から言うと、この「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」を行ううえでは、リアル英会話教室はあまりおすすめしません

その理由は、

  • ×)(社会人であれば特に)毎日通って受講するのは難しく、続きにくいから
  • ×)金額的にも毎日受けるのは難しくなる場合が多い(教室によっては月15万円越えになる場合も…)
  • ×)オンライン英会話と比べて効果に大差はないから

です。

さらに、そもそも毎日レッスンを受講することができるリアル英会話教室自体が非常に少ないです。

なので、結局、このトレーニングを行ううえでは、リアル英会話教室よりもオンライン英会話の方が遥かに効率よく実践することができるというわけです

4.どのオンライン英会話を使ったらいい?

ここで、

  • 「でも、オンライン英会話ってどこのを選べばいいの?」
  • 「いちいち比較して選ぶの面倒だな…」
  • 「このトレーニングにピッタリなオンライン英会話とかある?」

と思うかもしれません。

基本的に、この「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」で使用するオンライン英会話は、国内大手のまともなオンライン英会話であればどこでも問題ありません

ですが、もしも、「どのオンライン英会話がいいのか迷う」のであれば、とりあえずDMM英会話を利用することをおすすめします。

その理由は、DMM英会話は、他の国内大手オンライン英会話と比べても、

  • "フリートーク系"のレッスンが豊富に存在する
  • 教材の対応レベルの幅が広く、クオリティも高い
  • 講師のクオリティが比較的高い
  • 『話すための瞬間英作文トレーニング』『シーン別 本当に使える 実践ビジネス英会話』など、数々の大手出版社の教材書籍を無料で使うことができる

といった、「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」を実践するうえで数多くのメリットが存在するからです。

また、今なら下記のリンクから、レッスンを2回分無料で体験することもできるので、「まだ迷ってる」という場合は一度試してみるのもありです。

5.さらに「英語力をリーディングで発揮するトレーニング」も行うことで、リーディング力も身につく

おそらく、今このページを読んでいるあなたも、ここまでの、

  • 「英語音源聴き流しトレーニング」
  • 「英会話で英語脳を完成させるトレーニング」

で、かなりご自身の「英語を英語で理解する」力が身についていることが実感できてきている頃かと思います。

ここまでの2つのトレーニングで、冒頭の方でも少し解説した、赤ちゃんが母国語を学ぶプロセスで言うところの、

  • 「見る・聴く・感じる」→「話す」

までが完成している状態です。

もしも、あなたが

  • 「英会話ができるようになりたい」
  • 「ネイティブとコミュニケーションが取れるようになりたい」
  • 「映画を字幕なしで観れるようになりたい」

という目的で現在英語の学習に励んでいる場合は、ここまでの2つのトレーニングをこれからも徹底的に行っていくだけで上記の目標は確実に達成することができます。

ですが、一方で、

  • 「TOEICで高得点を取りたい!」
  • 「英検に合格したい!」
  • 「志望校の入学試験に合格したい!」

というような目的・目標で今英語の学習に励んでいる場合は、ここまでの2つのトレーニングに加えて、

  • 「英語力をリーディングで発揮するトレーニング」

も同時並行で行うことで、ここまでで身についた「英語を英語で理解する力」を、リーディング(文字言語)でも100%発揮することができるようになります。

その結果、

  • 「英語を英語のまま(文法構造を意識せずに・日本語にも訳さずに)ラクラク理解できる」

だけでなく、

  • 「英語を英語のまま(文法構造を意識せずに・日本語にも訳さずに)スラスラ読める」

状態にもなります。
ハッキリ言ってここまでくれば、この世に存在するほとんどの試験で通用する英語力の根幹ができてしまいます。
当然、洋書も英字新聞も難なくスラスラ読むことができるようになります。

ですが、ここで、

  • 「で、その「英語力をリーディングで発揮するトレーニング」って具体的にどうやればいいの?」

と思いますよね。

この「英語力をリーディングで発揮するトレーニング」の具体的なやり方・コツについては、

にて詳しく解説しておりますので、そちらをご覧ください。

Copyright© エイペディア , 2024 All Rights Reserved.