エイペディア式。

オンライン英会話はどこがいい?「英語を体育する」方式で英語ペラペラ脳を手に入れる3つのコツを徹底解説!

「オンライン英会話サイトって結局どこがいいの?」
「どう使ったらいいの?」
「アクティブなトレーニングを実践したいけど、具体的にどうやったらいいの?」

もう「英語の勉強」はやめていい。私が「勉強」なしで英語ペラペラになるまでに行った2つのことでは、「英語を体育する」方式の「アクティブなトレーニング」にはオンライン英会話を用いるのが最も手軽で取り組みやすいという話をしました。

ですが、ここで一つ注意しておきたいことがあります。
それは、

  • ただ単にオンライン英会話のレッスンを受けるだけでは効果がない

ということです。

では、「アクティブなトレーニング」を適切に行い、最短距離で能動的に英語を操る能力を手に入れるには、どのようにオンライン英会話を活用すればいいのでしょうか。

そこで、ここでは、オンライン英会話をフル活用して「アクティブなトレーニング」を最も効果的に実践する具体的な手順と、最短で結果を出すためのコツを詳しく解説していきます。

1.「パッシブなトレーニング」だけでは話せるようにはならない

もう「英語の勉強」はやめていい。私が「勉強」なしで英語ペラペラになるまでに行った2つのことでも解説している「英語を体育する」方式の英語トレーニング法には、「アクティブなトレーニング」とは別に、

  • とにかく英語音源を受動的に聴きまくる「パッシブなトレーニング」

が存在します。

この「パッシブなトレーニング」を行うことで、英語の周波数帯が自然と聴こえるようになり、英語が英語の意味のまま「ネイティブ感覚で聴ける」ようになります。
しかし、この「パッシブなトレーニング」だけでは、"英語を聴ける"ようにはなりますが、残念ながら"英語の話せる""英語を書ける"ようにはなりません

そこで重要となるのが、

  • 能動的に英語を操作し・話す「アクティブなトレーニング」

です。

「パッシブなトレーニング」に加えて、この「アクティブなトレーニング」を行うことではじめて、

  • 「ザックリ英語が聴ける」

状態から、

  • 「英語の発話内容が100%キッチリが聞き取れる」
  • 「自分の思ったことを英語でスラスラ話せる・書ける」

というような、本当の意味で英語を自在に操ることができる「ネイティブ英語脳」が完成します。

まさに、

  • "自分の思ったこと・感じたことが英語でスラスラ出てくる"

本物の「英語ペラペラ・スラスラ脳」が手に入るというわけです。

2.ただ単にオンライン英会話を使うだけではダメ

そして、この「アクティブなトレーニング」を、最も手軽に効率よく行うには、

  • オンライン英会話を活用する

のがおすすめです。

オンライン英会話をフル活用することで、時間の面でもお金の面でも「アクティブなトレーニング」を超効率的に行うことができます。

ですが、ここで一つ注意点があります。
それは、

  • ただ単にオンライン英会話を普通に使うだけでは「アクティブなトレーニング」にはならない

ということです。

単純にオンライン英会話上に用意されているレッスンを一からなぞって行うだけでは、残念ながらこの「アクティブなトレーニング」にはなりません
それどころか、使い方によってはむしろ逆効果になる可能性もあります。

なので、このオンライン英会話を用いて「アクティブなトレーニング」の効果をガンガン発揮していくためには、

  • オンライン英会話を用いて「アクティブなトレーニング」を行う正しい方法

に則ってトレーニングをする必要があります。

3.オンライン英会話でアクティブなトレーニングを行う3つの手順

オンライン英会話を用いて「アクティブなトレーニング」を行ううえでの押さえておきたいポイントは以下の3つです。

  1. 1日30分程度でOK
  2. フリートークを中心に行う
  3. フレーズは英語感覚まで落し込む

①1日30分程度で十分

まず、一つ目は、

  • 「アクティブなトレーニング」を行うのは一日あたり30分程度で十分。

ということです。

「パッシブなトレーニング」の場合は、もう「英語の勉強」はやめていい。私が「勉強」なしで英語ペラペラになるまでに行った2つのことでも説明したように、寝ている時間以外は英語の音源をとにかく長時間聴き続けることが重要でした。

しかし、「アクティブなトレーニング」の場合は一日30分程度で十分です。
それ以上の長時間やったとしてもあまり効果に変わりはありません。

もしも、それで時間が余った場合は、残った時間は、映画や海外ドラマを観るなど「パッシブなトレーニング」に時間を回すようにした方が効率がいいです。

また、たとえば「日曜日にまとめて3時間!」というように一週間に一回固めて3~4時間やるよりは、

  • 毎日30分に分散して行った方がはるかに効果的

です。

これは、人間には、一度に長時間あった出来事よりも、何度も起こった短時間の出来事の方が記憶に残りやすいという性質があるからです。
なので、一日あたり少しの時間でもいいので、とにかく毎日続けた方がより脳内の「英語ネットワーク」が強化されやすく、上達スピードも速くなります。

ココがポイント

  • 一日に30分程度で十分
  • 短時間でもいいので、なるべく毎日に行う

②フリートークを中心に行う

そして、二つ目のポイントは、

  • 「フリートーク」を中心に行う

ことです。

オンライン英会話には一般的に、日常英会話、文法、発音、ボキャブラリーなどのさまざまな種類のレッスンが用意されています。

ですが、「アクティブなトレーニング」では、そのなかでも、

  • 「フリートーク」

のレッスンを中心に使って行います。

「アクティブなトレーニング」の目的は、「パッシブなトレーニング」で身に付けた英語神経ネットワークをベースに、英語を自分で自由自在に操作できるようにすることです。

ですが、ボキャブラリーや文法を覚えるなどといったいわゆる"お勉強"的な使い方をしても「アクティブなトレーニング」としての効果はほぼありません
それに、英単語や文法などは市販の参考書などを購入すれば一人でできるものなので、わざわざオンライン英会話で行う必要もないです。

なので、オンライン英会話を用いて「アクティブなトレーニング」を行う際は、

  • 「フリートーク」などの、能動的な発話ができるレッスンをフル活用

していきます。

これにより、「パッシブなトレーニング」で築き上げた英語力の土台をベースに、さらに英語を自ら自由自在に操ることのできる能力がグングン鍛え上げられていきます

ココがポイント

  • 「フリートーク」などの自由に話す系レッスンを中心に行う

③全くの初心者の場合はフレーズからフリートークに徐々にシフト

オンライン英会話で「アクティブなトレーニング」を行うには、さきほど述べたように基本的にフリートークを中心に行いますが、なかには、

  • 「学生時代以来まったく英語に触れたことがない」
  • 「中学レベルの英語にも不安がある」
  • 「"Hello""Thank you"くらいしかわからない」

といったように、「ほぼ英語が出てこない」「あまりにも語彙を知らなくて会話が進まない」という場合は、

  • まずは日常英会話などのレッスンで基本的なフレーズを習得しながら、徐々にフリートーク中心のトレーニングにシフトする

というトレーニングの進め方をしていくのがおすすめです。

「いきなりフリートークを始めても一言も英語が出てこない」などという場合は、まずは「日常英会話フレーズ」のような初心者向けの英会話レッスンで、基本的なフレーズ・語彙を習得してしまいましょう
そして、ある程度最低限の語彙・フレーズが身に付いてきたら、同時に徐々にフリートークを中心としたトレーニングにシフトしていくといったトレーニングの進め方が最も効率的です。

ただし、「フレーズを100%完璧にしてからフリートークを始める」といったようなやり方はNGです。
なぜなら、フレーズは実際にフリートークなどの会話の現場で使いながら身に付いていくものだからです。

なので、上の図のように、「フレーズの習得」と「フリートーク」を並列的に進めていき、徐々に割合を変えていくというやり方がベストです。

フレーズは英語感覚まで落とし込む

ただし、フレーズや語彙を学習する際には一つだけ注意したいことがあります。
それは、

  • 絶対に日本語で覚えない

ということです。

もう「英語の勉強」はやめていい。私が「勉強」なしで英語ペラペラになるまでに行った2つのことで説明しているように、英語を日本語で学ぶのは絶対にNGです。

なぜなら、英語を日本語で学んでしまうと、脳が英語の神経ネットワークを構築するときの妨げとなるだけでなく、英語を日本語を通して考えるクセがついてしまう、などといったさまざまなデメリットが生じるからです。

では、どうしたらよいかというと、

  • フレーズや単語は、イメージ=体感レベルまで落とし込む

ということです。

たとえば、

  • "Nice to meet you"

というフレーズを学習するとします。

そのときに、

というように、テキストに書いてある字面だけみて「英語フレーズ」と「日本語」をそのまま結び付けるのではなく、

というように、"Nice to meet you"という英語フレーズと"はじめまして"という日本語が表す共通の"言語体感イメージ=意味"と、"Nice to meet you"を直接結びつけます

そうすることで、英語を聴いたときにいちいち頭の中で日本語に翻訳しなくてもサクサク英語が理解でき、英語を話すときも自分の思ったことが無意識に口からスラスラ出てくるようになっていきます

ある程度フレーズを覚えたら、いっきにフリートークにチャレンジして「火事場の馬鹿力」を発揮する

そして、ある程度最低限のフレーズを脳にインストールしていったら、どんどん「フリートーク」を始めていってしまいましょう

ただし、このフリートークでは、

  • 先ほどのフレーズの学習で身に付けたフレーズ・語彙を無理に意識する必要はありません

それよりも重要なのは、

  • 「自分で英語を話す」という状況(環境)の経験値を積み上げること

です。

このフリートークでは、完璧な英語を話すことが目的ではありません。あくまでも「英語を話す」という状況(環境)を経験しまくることが重要となります。

あなたは「火事場の馬鹿力」という言葉を聞いたことはありませんか?
「人間は追い込まれた状況になるととてつもない力を発揮する」というものです。
このフリートークでは、この人間の誰もに眠っている「火事場の馬鹿力」をいかに発揮させるかがポイントとなります。

よく、「最初は現地の言葉が全くわからない状態で海外に移住して、数か月後には自然とその土地の言語が話せるようになった」という話を聞いたことがあると思います。
これは、「どうにかしてでも現地の言葉を話して、他人とコミュニケーションをとらなければ生きていけない」という状況に追い込まれたが故、脳に潜在的に眠っているいわば「火事場の馬鹿力」的な"眠った力"が発揮され、"気づいたら話せるようになっちゃった"というカラクリです。

これと同じ力を発揮するためには、

  • 「英語を話さざるを得ない環境」に自分を飛び込ませる

のが最大のコツです。

そうすることで、無意識レベルで「英語を話せないとヤバい!」と脳が勝手に思い込み、通常の"コツコツ系学習"と比べて、ものすごい速度で英語が上達していきます。

ですが、オンライン英会話のフリートーク機能を使えば、わざわざ海外に移住せずともこれと同じことが簡単にできます
それが「フリートーク」の真のトレーニングの目的です。

なので、上手に話す必要もなければ、英語スキルがほぼなくても、自信がなくても全然かまいませんので、ある程度フレーズの学習が進んだところで「フリートーク」の学習をガンガン進めていってかまいません

ココがポイント

  • あまりボキャブラリーが出てこない場合は、最初はフレーズの習得から始めてもかまわない
  • 最低限の語彙・フレーズを身に付けたらどんどん「フリートーク」に飛び込もう!

アクティブなトレーニングのやり方まとめ

  • オンライン英会話の「フリートーク」機能を中心に行う
    →英語環境にガンガン飛び込んで「火事場の馬鹿力」を自然と発揮させる
  • まったくの英語初心者の場合はフレーズを習得するところから始めてもOK.
    →ただし、フレーズ・語彙は"英語感覚"で覚える!(日本語で覚えるのはNG)
  • 毎日30分程度でOK.

4.アクティブなトレーニングには、どこオンライン英会話がいいの?

ここまでで、「アクティブなトレーニング」のやり方はだいたいわかったと思います。

ただ、ここで、

  • 「オンライン英会話ってどこのサイトを選んだらいいの?」

という疑問が思い浮かぶのではないでしょうか?

オンライン英会話といっても、2020年現在、世の中にはさまざまなサイトが存在します。

たとえば、有名な大手オンライン英会話サイトだけでも、

  • ネイティブキャンプ
  • hanaso
  • レアジョブ
  • Bizmates
  • Weblio英会話

など数多く存在します。

では、「英語を体育する」方式の英語トレーニング法の「アクティブなトレーニング」を実践するには、どのオンライン英会話サイトで行うのがいいのでしょうか。

「フリートーク」機能と「語彙レッスン」があればどこでもいい。

「アクティブなトレーニング」を行う上で使用するオンライン英会話サイトは、ぶっちゃけ、

  • 「フリートーク」機能と「語彙レッスン」があれば基本どこでもいい

です。

先ほどから解説してきた「アクティブなトレーニング」を行うには、基本「ネイティブと話せれば何でもいい」ので、各オンライン英会話サイトに備わっている「○○メソッド」「○○法」などといったレッスンのカリキュラムの影響はほぼ受けません。

なので、基本的に、

  • フリートーク機能
  • 基礎的なボキャブラリーが学べるレッスン(基本的な語彙を身に付けたい場合)

の2つが備わっていれば、どこでも自分の好みなオンライン英会話サイトを使って構いません。

特にこだわりがない場合はDMM英会話がおすすめ

ただ、

  • 「別に好みのオンライン英会話サイトがあるわけでもない」
  • 「選ぶのが面倒」

という場合は、

  • DMM英会話

をおすすめします。

DMM英会話をおすすめする理由には、主に、

  1. ①フリートーク機能が充実している
  2. ②専門ジャンルごとに特化したさまざまなレッスンが受けられる(ビジネス英会話等)
  3. ③講師のクオリティが圧倒的に高い

の3つがあります。

①フリートーク機能が充実している

DMM英会話には、ネイティブスピーカー講師とフリートークを行う、通常のフリートーク機能に加えて

  • Hypothetical Questions(仮定の質問)・・・「もし〜だったら」という仮定の質問の答えとなる考えや意見を表現するレッスン。
  • Agree or Disagree(賛成と反対)・・・さまざまなトピックについて賛成意見、反対意見を交えながら話し合うレッスン。
  • Describing Things(描写)・・・コンセプト、場所、物などを説明する能力の向上に特化したレッスン。
  • Advanced,Proficient Discussion(ディスカッション)・・・さまざまなトピックに関する短文を読んで話し合うコース。

など、自分で自由に発話内容を考え、英語として表現する経験を積むことができるコーナーがたくさん用意されています。

これにより、

  • 通常のフリートークよりも幅の広い表現力が身に付く
  • さまざまなフリートーク系コース・レッスンが用意されているので飽きずに楽しみながら行える

というメリットがあります。

②専門ジャンルに特化したさまざまなレッスンが受けられる

また、用意されているレッスン・講座には、「日常英会話」などのような、どこにでもよくあるレッスンだけでなく

  • Business(ビジネス)・・・英語を使うビジネス環境で成功するために必要な幅広い言語スキルを高めることのできるレッスン。ビジネスにふさわしいマナーでコミュニケーションができるよう、一般的なビジネスシーンに基づいた例が使われている。
  • Health & Lifestyle(健康とライフスタイル)・・・日常生活の中で健康に関するシチュエーションに対応するのに必要な言葉と文化的な知識を身に付けることができるレッスン。
  • Travel & Culture(旅行と文化)・・・海外旅行に必要な言語のスキルをシチュエーション別に学ぶことのできるレッスン。色々な文化や伝統について知ることもできる。

などのような、特定のジャンルや英語の使用場面に応じた英語運用を身に付けることができるコース・レッスンも用意されています。

なので、オンライン英会話でのトレーニングとは別にわざわざ自分でテキストを買って学習する手間も省けます。

特に、この「ビジネス英会話」は、

  • 会議
  • 電話対応
  • 交渉
  • プレゼンテーション
  • 面接

など、非常にリアルなシチュエーションごとにレッスンが用意されています。
筆者も実際に使っておりましたが、ものすごい実用性が高いです。
(ビジネス英会話に関してはこれを完璧にしておけば大丈夫です。)

③講師の質が高い

さらに、DMM英会話では、他のライバルオンライン英会話サイトと比べて、講師の質が高いという特徴があります。

DMM英会話では、その辺のネイティブスピーカーを誰でもかんでも採用しているわけではなく

  • 合格率5%の超難関な講師採用試験に合格した講師

のみが採用されています。

それゆえ、実際に他のオンライン英会話サイトと比べてみても、

  • 他のライバル英会話サイトと比べても教え方がめちゃくちゃ上手でわかりやすい講師

が多く見られます。

また、よくある格安系のオンライン英会話サイトでは、フィリピン人講師のみという場合が多いですが、DMM英会話の場合は、

  • 米・英・カナダも含めた世界127ヶ国もの講師

がいます。

なので、「きれいなアメリカ英語の発音を身に付けたい」「英国で英語を使う予定なので、できればイギリス発音で英語を身に付けたい」という場合でもバッチリ対応できます。

オンライン英会話の費用は普通の英会話教室の〇分の1

実際に、オンライン英会話を始めるうえで、レッスンの質も気になるところですが、

  • オンライン英会話にかかる費用

も気になりますよね。

DMM英会話の利用料金は、以下のとおりです。

 スタンダードプランプラスネイティブプラン
毎日1レッスン
(25分)
月々6,480円(税込み)
(1レッスン209円)
月々15,800円(税込み)
(1レッスン510円)
毎日2レッスン
(50分)
月々10,780円(税込み)
(1レッスン174円)
月々31,200円(税込み)
(1レッスン503円)
毎日3レッスン
(75分)
月々15,180円(税込み)
(1レッスン163円)
月々45,100円(税込み)
(1レッスン485円)
レッスン数とコースによって料金が変わってきますが、「英語を体育する」方式の「アクティブなトレーニング」では3.オンライン英会話でアクティブなトレーニングを行う3つの手順でも述べたように1日25分(1日1レッスン)のコースで十分です。

また、「プラスネイティブプラン」では、「スタンダードプラン」で話せる123ヶ国の講師に加えてアメリカネイティブ講師、イギリスネイティブ講師のレッスンを受けることができます。

ただ、正直言うと、「プラスネイティブプラン」を本当に活かすことができるのは、「ある程度英語が不自由なく話せるけど、細かい発音・イントネーションを学んでいきたい」というレベルになったときです。
初心者・中級者のうちはぶっちゃけ「スタンダードプラン」で十分です。
(スタンダードプランの講師でも難関講師採用試験を潜り抜けた優秀な英語ネイティブ講師なのでご安心ください。)

なので、もしも「アクティブなトレーニング」をDMM英会話の「スタンダードコース」/1日25分レッスンで始める場合は、

  • 月々6,480円

となります。

これは、リアルに通う系の英会話教室にかかる費用が週一回のレッスンで最低でも月3万円~10万円はかかることを考えると圧倒的にお得なことがわかります。

また、一般的なオンライン英会話にかかる相場は、

  • 毎日1~2レッスンで月々5,000円~15,000円

なので、DMM英会話のレッスンのクオリティの高さを考えるとコスパはかなりいいです。

ちなみに、今ならDMM英会話の25分のレッスンを2回分無料で受けることができるキャンペーンが実施されているので、いきなり申し込む前に、まずは無料レッスンで一度どんなものか体験してみるといいでしょう。

DMM英会話の詳細へ

DMM英会話で無料体験レッスンを受ける

5.「アクティブなトレーニング」方法まとめ

最後に、もう一度「アクティブなトレーニング」の方法をまとめると以下のようになります。

アクティブなトレーニングのやり方まとめ

  • オンライン英会話の「フリートーク」機能を中心に行う
    →英語環境にガンガン飛び込んで「火事場の馬鹿力」を自然と発揮させる
  • まったくの英語初心者の場合はフレーズを習得するところから始めてもOK.
    →ただし、フレーズ・語彙は"英語感覚"で覚える!(日本語で覚えるのはNG)
  • 毎日30分程度でOK.

ここまで紹介してきた「アクティブなトレーニング」を実践することで、「英語ペラペラ脳」を獲得して、

  • キャリアアップ
  • 海外留学
  • 海外移住
  • 海外旅行

など、あなたのをぜひ叶えてください。

DMM英会話の詳細へ

DMM英会話で無料体験レッスンを受ける

よく読まれている記事

no image 1

あなたは、もし英語がペラペラに話せたとしたら何がしたいですか? 「字幕なしで映画・海外ドラマを観たい!」 「仕事をバリバリにこなして昇進したい」 「海外旅行でスラスラ英語を話して現地の人と仲良くなりた ...

no image 2

「オンライン英会話サイトって結局どこがいいの?」 「どう使ったらいいの?」 「アクティブなトレーニングを実践したいけど、具体的にどうやったらいいの?」 もう「英語の勉強」はやめていい。私が「勉強」なし ...

Copyright© Webで英語 , 2020 All Rights Reserved.