【コレだけでどうにかなる!】海外旅行の英語フレーズ:パスポート編


あなたはパスポートを持っていますか?

過去に一度海外へ行ったことがあるなら持っているでしょう。

しかし、海外へ行くのは初めてでパスポートを持っていないという方もいるでしょう。あなたもその一人かもしれません。

でもこの記事を読めば大丈夫です。

今回は、海外に入国する際絶対に必要なパスポートの取得の仕方、知っておきたいこと、見方などを紹介します。

 

そもそもパスポートとは?ビザと何が違うの?

海外へ行く際に必ず必要になってくるのがパスポート。

そもそもパスポートとは何かというと、国が国外へ渡航する国民に対して与える証明書です。

日本の場合、日本が「この人は日本国籍をもっており、渡航を認めます」といって発行するのがパスポートです。

 

また、ビザというのも聞いたことがありませんか?

パスポートは、その人が国籍を持っている国が発行するものであるのに対して、

ビザは、渡航する先の相手国が入国を認めるものです。

ただ、ビザと言っても実体をもった物ではなく、パスポートにスタンプを押したりやステッカーを張ったりしてビザを表します。

なので、最初にパスポートがなければなりません。

 

ただ、旅行などの短期間の滞在では、日本のパスポートだと世界中のほとんどの国でパスポートのみで入国できます。(ちなみに、日本のパスポートのビザなしで入国可能な国数は世界第3位)

基本的に先進国などの治安が安定している国のパスポートではビザなしで入国できることがほとんどです。

(留学などの場合はビザが必要です。)

 

また、パスポートを使うのは、基本的に入国審査時やホテルのチェックイン時です。

海外にいるときは何かあったときのためにパスポートは常に携帯しておきましょう。

 

パスポートの取り方

では次にパスポートの取り方を説明します。

まず、パスポートはどこで申請するかです。

パスポートの申請は、住民票がある都道府県の旅券課行います。

 

また、申請に必要な資料は以下の5つです。

①一般旅券発給申請書

②戸籍謄本

③住民票の写し

④45mmx35mmの写真

⑤身分証明書(運転免許所など)

 

そして、もちろんパスポートの発行には料金がかかります。

パスポートの種類は有効期間が5年間のものと10年間のものがあります。

ただし、10年間のパスポートを取得できるのは20歳以上の場合のみです。

10年間有効なパスポートは16,000円

5年間有効なパスポートは11,000円

がかかります。

ただ、12歳以下(有効期限5年)の場合は6,000円です。

 

申請後は1週間ほどで発行されます。あとは取りに行くだけです。

最大でも10日後には受領できると思いますが、期間に余裕をもって申請しましょう。

 

パスポートの最初の出番

パスポートの最初の出番は入国審査です。

入国審査では、自分の前の人の審査が終わり

「Next!」と言われたあなたの番です。

 

質問の前に一番最初に言われるのは、

May I see your passport?

または、

Passport!

と言われることもあります。

 

そう言われたら「Here you are」と言いながらパスポートを渡しましょう。

そのまま質問なしでパスできる場合もありますが、

 

質問は基本的に

①目的ーWhat’s the purpose of your visit?

②滞在期間ーHow long will you be staying?

③滞在先ーWhere will you be staying?

の3つです。

 

たまに、職業は何か、帰りのチケットは持っているかなど聞かれますが、上の3つはほぼ確実に聞かれます

逆に言えば、この3つだけ押さえておけば大丈夫です。

(返答など詳しいことは海外に行く前に要チェック!海外旅行フレーズ&知識:入国審査編で説明しています。)

入国審査をする側も大量の人を扱わなければならないので、長々と話すよりも、シンプルにきっぱり答えることが重要です。

無理をして長文を話そうとして何を言っているかわからないと、裏に連れて行かれますので注意。

 

まとめ

パスポートは自国が国民の身分を証明し、他国への渡航を許可するもの

ビザはいらない場合が多い

入国審査で聞かれることは「目的/期間/滞在先」の3つ

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]