【コレだけでどうにかなる!】海外旅行の英語フレーズ:病院編


「はりきって行った海外旅行!でも、旅行先で体調を崩してしまった」

ということもあり得なくはありません。

楽しいはずの海外旅行ですが、何があるかわかりません

言語も文化も慣れない土地で体調を崩したりけがをしたりすると不安です。

 

そこで、今回は、いざという時に使える病院での英語フレーズをまとめてみました。

備えあれば憂いなしです。

 

医者のセリフを理解しよう

まずは、医者がよく言うフレーズを確認しましょう。

そもそも医者が何を言っているかわからないと、答えようがありません。

といってもそう難しいものではありません。

日本の場合もそうですが、大抵の場合、まずは、

What’s the matter?

What’s seems to be the problem?

と症状を聞いてきます。

そのあとにどう答えるかは後述します。

 

また、

Do you have an appetite?(食欲はありますか?)

Are you allergic to any medicine?(薬にアレルギーはありますか?)

と聞かれることもあるかもしれません。

余裕がある方はこちらもcheckしておくといいでしょう。

 

これから紹介するモノもそうですが、命に関わることのなので、海外に行く前は最悪日本語丸暗記でもいいので知っておいた方がいいでしょう。

 

症状はどう伝える?

いよいよ、一番重要な症状の伝え方です。

症状の伝え方は大きく分けて2パターンあります。

 

そのうちの一つは、

I have [症状]

です。

これは理論詰めしても仕方がないので、以下に例をまとめておきます。

I have a stomachache. ←腹痛

I have a headache. ←頭痛

I have a toothache. ←歯が痛い

I have a sore throot. ←のどが痛い

I have a slight fever. ←少し熱がある

「stomachache」などの「~ache」というのは、見て分かる通り「部位+ache」という構造になっています。

「ache」自体に痛みの意味があるため、「stomach」(胃)に「ache」をくっつけて「stomachache」とすると、一単語で「胃が痛い」ことを意味する名詞になるということです。

 

症状を示す2つのパターンのうち、もう一つは、

hurt [痛む部位]

です。

例を挙げると、

My head hurts. ←頭痛がする

My throot hurts. ←のどが痛い

My back hurts. ←背中が痛い

My knee hurts. ←膝が痛い

また、痛いところが英語でなんと言えばいいかわからない場合は

痛い部分を示しながら

It hurts here.

でOKです。

文字通り「ここが痛い」の意です。

 

また、これら2パターン以外のモノも以下に載せておきます。

I feel dizzy. ←めまいがする

I feel nauseous. ←吐き気がする

I’m allergic to ~ ←~アレルギーがある

 

先ほども述べたとおり、海外に行く前は万が一に備えて、最悪日本語丸暗記でもいいので、上記のフレーズは押さえておいた方がいいでしょう。

その方が安心して心から異国の地を楽しめます。

 

まとめ

「What’s the matter?」「What’s seems to be the problem?」と聞かれたら、

「I have [症状]」

または

「My ~ hurts」

痛む部位の名称が不明な場合は

痛いところを示しながら「It hurts here」

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]