【コレだけでどうにかなる!】海外旅行の英語フレーズ:機内編


海外に行くときは、ほとんどの方が飛行機を利用するはず。

 

そこで今回は、飛行機の機内で使える英語フレーズをまとめてみました。

 

飲み物を頼もう

海外への長いフライト中に一度は飲み物を頼むはずです。

そこで、まずは飲み物の頼み方から紹介します。

乗務員(flight attendant)が

Would you like something to drink?

What would you ike to drink?

などと聞いてきたのに対して、

(コーヒーを頼む場合)

I’d like coffee.

または

Coffee , please.

でOKです。

どちらか選ぶなら、「I’d like coffee」をお勧めします。

理由は単純でこっちのほうが丁寧だからです。

「Coffee , please」は、たとえ「please」がついていようと、あまり丁寧な表現とは言えません。(使うことはできる程度ですが。)

please という表現はあくまでも、命令口調ベースに +アルファで和らげるというものだと思っておいてください。

 

もちろん

I’d like coffee , please.

でもいいです。(これが一番丁寧です。)

 

食事

海外への長いフライトなら必ずあるであろう食事。

とはいっても、魚料理か肉料理かを聞かれるだけなので、何も身構える必要はありません。

乗務員はシンプルに、

Fish or chiken?

Beef or fish?

と聞いてくるはずです。

返答は先ほどの飲み物のときと同様です。

(fish の場合)

I’d like fish.

または

Fish , please.

でいいでしょう。

緊張で動揺して「Fish or beef?」と聞かれて「Chicken」と答えることなどは無いようにしましょう;

 

覚えておくと便利なフレーズ

その他覚えておくと便利なものをまとめます。

まずは、毛布がほしいとき。

これはズバリ

May I have a blanket?

でOKです。

毛布以外でも「May I have~?」は使えます。

(「~」にはほしいものを。)

 

次に、現地の時間を聞きたいときは、

What’s the local time now?

です。

「local time」で「現地時間」を表します。

鉄道でも、よく普通列車に相当する運行系統を「local service(train)」といいますが、

「local」には現地・地元の意があります。

「ローカル路線」と聞くと「田舎路線」というニュアンスに聞こえますが、「local」には田舎という意味はありません。

 

次に、機内でよく聞くセリフに「Fasten your seat belt」があります。

意味は「seat belt」で大体予想がつくと思いますが、

「シートベルトを締めろ」ということです。

つまり、「fasten」には「締める」の意です。

ちなみに、「fasten」の発音は”t”を発音しません。(聴いてみるといいでしょう。)

 

機内での会話はどれも簡単なもばかりなので、現地に到着する前のウォーミングアップとして、挑戦してみるといいでしょう。

 

まとめ

飲み物を頼むときは「I’d like ~/~ , please」

「Fish or chicken?」にも「I’d like ~/~ , please」

毛布がほしいときは「May I have a blanket?」

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]