STEP17 日本語のクセをなくす最強の方法

 

先ほどSTEP15では、英語と日本語を引き離すことの重要性を述べてきました。

それにはある一つの最強の方法があります。

今回はそれについてみていきます。

 

カランメソッドって何?

「カランメソッド」を聞いたことがありますか?

そもそもカランメソッドとは何かを一言で説明すると、

ロビン・カラン(Robin Callan)氏によってつくられた、習得する言語をその習得する言語(みなさんの場合の英語)だけで習得する学習プログラム(メソッド)です。

つまり英語を完全に英語だけで学習することになります。

 

もちろん効果は抜群で、

その凄さから「英語を4倍速でマスターできる方法」ともいわれています。

 

大きな特徴を挙げるとすれば、

1.英語だけで行われる

2.話すスピードは超ハイスピード

3.間髪なく次々と質問が浴びせられる

です。

これが最速で英語が身に付くカギとなります。

 

「日本語グセ」から解放される

このカランメソッドは、先ほどの特徴でも述べたように、

超ハイスピードで次から次へと質問が浴びせられ、それに即答しなければならないので、

日本語で考えている暇などありません。テキストを見る暇もないくらいです。これで出来るようににならないわけがありません。

 

それゆえ、強制的に「日本語で考えるクセ」が矯正され、英語回路急速に身に付けられます。

どうしても日本語で考えるクセが抜けない人でも、凄まじいスピード英語脳が手に入ります。

 

英語が身に付くことはもちろんのこと、おまけに頭の回転(クロックサイクル)も速くなります。

もちろん、実際に英語で会話するときにも、相手の質問にすぐに返答することが容易にできるようになります。

それどころか普通の会話が遅く感じられることもあるでしょう。

 

「パッシブなトレーニング」と組み合わせると最強

このカランメソッドはもちろんのことながら「アクティブなトレーニング」にもなります。

ただ、通常にカランメソッドをやるだけでは、一つの壁にぶち当たります。

それは英語体験時間の量です。

仮に毎日25分カランメソッドをやったとしても、英語ネットワークの形成速度は限られます。

 

そこで、やはり今まで紹介してきた「パッシブなトレーニング」の出番です。

これを組み合わせると、4倍速どころじゃなくなります

 

カランメソッドを受ける

カランメソッドはどう受講するかといえば、一番手軽に受けられるのはオンライン英会話です。

といっても、カランメソッドを導入するにはCallan Method Organisationの正式認定が必要となり、扱っているところは数少ないです。

 

実際にカランメソッドを受講するならば ネイティブキャンプe英会話 が信頼できます。

 

・ネイティブキャンプでカランメソッドをはじめる

・e英会話でカランメソッドをはじめる

とにかく、英語を日本語で考えるクセを一番効率よく最速に取り除き、さらに英語脳を手に入れ、おまけに頭の回転速度も上がる、最強な方法といえます。

LEVEL UP ↑ >> STEP18 英語を身に付けるには英語の先へ


[ Webで英語 トップへ ]