英語での時間の表し方 – 「past」「to」の使い方もわかるよ


英語で時間を尋ねられた時や、約束をするときなどに

すぐに英語で時刻を伝えられますか?

「”past” や” to”などを使った表現がよくわからない」

という方も多いのではないでしょうか。

今回は英語で時刻を表現する方法をまとめてみました。

 


無理して「past」や「to」を使わなくてもいい


英語で時間を表す時、「past」「to」「after」「before」を使って表現することもできますが、

基本的には「時間+分」で十分です。

たとえば、10時20分だったら「ten twenty」

1時45分だったら「one forty-five」

となります。

 

また、時間を尋ねられたときは

「It’s five thirty」

というように「It’s+時間」で答えるといいでしょう。

 

また、午前/午後をはっきりさせたいときは

語尾に a.m./p.m.をつけるといいでしょう。

 

○○時ちょうどの場合などは

「ten (o’clock /a.m./p.m.)」(10時)のように時間のみでいいです。

時間のあとに「o’clock」や「a.m./p.m.」をつけてもいいでしょう。

 


「past/to」「after/before」を使った表現


基本的には先ほどのように時刻を表せばよいのですが、

相手が「past/to」「after/before」を使ったときのために

この表現の方法も紹介しておきます。

時刻が1~30分の場合はpast(またはafter)

31~59分の場合はto(またはbefore)

を使います。

たとえば、5時20分の場合は「twenty past(after) five」

11時10分の場合は「ten past(after) eleven」

というようになります。

これは、ある時刻から何分past(経過)したかという感覚です。

5時20分の場合「5時から20分pastした」といった感じです。

また、「to(before)」

7時40分の場合 「twenty to(before) eight」

4時50分の場合は「ten to(before) five」

となります。

「ある時刻まで(to)何分」という感覚でとらえます。

7時40分の場合「8時まで(to)20分(8時から20分前(before))」という感覚です。

7時台ですが、eight(8)を用いるので注意。

最初は戸惑うかもしれませんが、慣れれば自然と理解できるようになります

after/before は past/to と同じです。

pastとafter、toとbefore が対応します。

また、「15分」は「fifteen」だけでなく「quarter」で表現されることもあります。

例 「quarter after nine」(9時15分)

 


まとめ


基本的には「時間+分」でOK!

相手が「past/to」「after/before」を使うこともあるので

そちらも理解しておくとさらにgood!

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]