「See you~」にはすべてこれで返答!最強のフレーズ○○


別れ際のあいさつで、

「See you」「See you later」などの

「See you~」というフレーズがよく使われます。

この「See you~」に対しては、「~」の部分が何であったとしても、返答として使える一つのフレーズがあるのです。

 


なぜ「See you」が別れ際に使われるのか


日本人でもあたりまえのように知っており、欧米人と話す機会があるならば人によっては使っている「See you」ですが、そもそもなぜ「See you」が別れのあいさつになるのでしょうか?

実は、「See you」は厳密には「I’ll see you」です。

「I’ll see you」の「I’ll」が省略されて、「See you」となります。

ここで、「I’ll see you」は、「未来にsee youする」。つまり、「未来にこれから相手に(また)会う」ということです。

これは日本語の「またね」の発想と同じです。

こういうわけで、この「I’ll see you」の「I’ll」が省略されて「See you」が別れ際に、使われるというわけです。

つまり、「See you」は再び会うことが前提となっているわけです。

 


「See you ~」のパターン


「See you~」という表現は、以下のようにたくさんあります。

See you again.

See you later.

See you around.

See you next time.

See you tomorrow.

See you soon.

先ほども述べたように、なぜ別れ際に「See you」というかといえば、また「See you」する、つまり「また相手に会う」というニュアンスで使われます。

そこで、「じゃ、いつ会うんだ」ということで、「”See you”のあとに”See you”する時間情報も言っちゃおう」となり、「See you」のあとに「See you tomorrow」のようにseeするのが”いつか”もくっつけるようになりました。

上記の「See you~」リストを見てわかるとおり、「See you again」以外は、「See you」のあとにいつ会うかが述べられています。

ここで、「See you around」の「around」がわかりずらいと思います。

この「around」というのは、時間軸上のaroundということです。カレンダーをイメージしてもらうとわかりやすいと思いますが、たとえば今日「See you around」と言った場合、「”今日”の周辺(around)に会う」つまり、また近いうちに会うということです。

なので「See you soon」に少し似ています。

 

実はこれらの「See you~」には

一つのフレーズで対応することができます。

 


「See you~」には「See you then」


これらの「See you~」に対しての返答はすべて

See you then.

でOKです。

また、相手が言ったのを繰り返して返答する(たとえば「See you around」に「See you around」と返答)のもOKです。

先ほども述べたように、「See you~」の「~」の部分は、また会うときの時間を表しています。そこで、「See you next time」だろうと「See you tomorrow」だろうと「~」の部分がなんであったとしても、すべて「then」に置き換えてしまうことができます。

ということで、「See you~」系には、すべて「See you then」で対応できるのです。

 


「See you」に注意


ここで注意しておきたいのは

「See you.」

だと少し軽すぎる響きになってしまうということ。

日本語だとタメ口くらいに相当するので

使う相手によっては要注意。

「See you then」を使うのが無難です。

 


また会わなくても「See you」!?


「See you」は、「I’ll see you」つまり、再び会うということが前提となっていると言いましたが、実は、また会うかどうかわからないときにも使われる場合があります。

そんなときに使われるのが

See you again sometime.

です。

たとえば、旅客機で隣の人と話したときなどに使われ、厳密に言うと、会うかわからないというよりも、ほぼ確実に会うことはないだろうというときに使われます。

 


時間・場所を的確に述べるパターン


今までのフレーズは、「See you tomorrow」のように、「See you+時間」という形ばかりでしたが、実は、「See you+時間」のあとにさらに場所も加えて「See you+時間+場所」とする場合もあります。

たとえば、

See you tomorrow here at 9.

会う日時が明確に約束されている場合などに使われます。

もちろんこれらに対しても「See you then」が有効です。

 


まとめ


「See you~」には「See you then」または相手のフレーズをリピート返答

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]