これで解決!相手の発言を聞き返すときに英語で何という?


このページを見ている方のほとんどは英語を学習中の方だと思いますが、

英語で会話していて、相手の発言が聞き取れない時どうしていますか?

中学校でよく習うのは「Pardon?」ですが、

それ以外にも相手の発言を聞き返すフレーズはたくさんあり、より丁寧なフレーズもあります。

 

そして何より、

一番いけないのは、分かっていないのに分かったフリをすることです。

では、もう一度同じことを言ってもらう際に使うフレーズを確認していきましょう。

 


簡単なフレーズ


相手にもう一度言ってもらうフレーズで、簡単なものを紹介します。

Sorry?

Excuse me?

Pardon me?

I beg your pardon?

が「Pardon?」以外のフレーズになります。

こうして見るとお気づきかもしれませんが、「Pardon?」は「Pardon me?」を短くしたものだということがわかると思います。「I beg your pardon?」にも「pardon」が入っていますが、これがpardonシリーズ3つの中で一番丁寧です。

丁寧度順に並べると、

I beg your pardon? > Pardon me? > Pardon?

になります。こうしてみると、「Pardon?」はあまり丁寧な位置ではないことがわかると思います。

そもそも、実際に「Pardon?」はあまり使われません。(日本人はこれをたくさん使っていますが)

 

また、「Sorry?」を使う時は、語尾を上げて発音しましょう。

 

上記のフレーズも使えるには使えるのですが、

もっとも丁寧で、一押しのフレーズがあります。

 


聞き取れなかったときはコレがオススメ!


もっとも丁寧でオススメなのが

Would you say that again , please?

Would you say that more slowly , please?

です。

「Would you say that again , please?」は「もう一度言ってくださいませんか?」

「Would you say that more slowly , please?」は「もう少しゆっくり言ってもらえますでしょうか?」

の意。

ゆっくり言ってもらいたいときは、後者の「Would you say that more slowly , please?」を言いましょう。

語尾の「, please」は無くても問題ありませんが、あった方がより丁寧です。

 

これら、「Would you say that again , please? 」「Would you say that more slowly , please?」はとても丁寧な表現です。

これを聞いた相手は快く応じてくれることでしょう。(高確率で。)

もちろん言うまでもなく目上の立場の相手にも使えます。

ただ、親しい友人に使うのはよそよそしいと思われます。仲のいい友人などには先ほど紹介した「Sorry?」「Excuse me?」などを使うとよいでしょう。

それ以外の場合はほとんど使えます。

 

とにかく、相手の発言を聞き返すときは、この2フレーズがオススメです。

この際、絶対に押さえておきましょう。

 


これらはNG


逆に、絶対に言ってはいけないのは

×「Again」

×「One more」

×「What?」

です。

これらはとても失礼に聞こえます。

日本語だと「もう一回(言って)」「え?何?」というニュアンスです。

×「Again , please」や ×「One more , please」というように「please」をつけても

失礼に聞こえるのでNGです。

英語に中途半端に慣れてくるとつい「What?」などと言ってしまうかもしれませんので要注意。

これらには十分注意しましょう。


まとめ


相手にもう一度言ってもらいたいときは

「Would you say that again , please?」

「Would you say that more slowly , please?」

×One more , please×Again , please」はNG。

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]