英語で褒められたら、否定するのはNG!?


あなたは、日本語で褒められたときはどう対応しますか?

日本では他人に褒められたとき「いえいえ」と謙遜するのが普通とされていますが、

実は、英語圏でそれをやってはいけません。

英語圏で褒められたときにNOと否定するのはNGなのです。

 

これは英語、日本語という言語の違いというよりは、むしろ文化の違いです。

英米文化と日本文化では、もちろん違うところが多々あります。

よくある話ですが、海外出身人が日本に来て、

日本人が他人に物を渡す時に「つまらない物ですが」というのを見聞して、

「なぜ、”つまらない物(=よくない物)”をわざわざ他人にあげるのか?(しかもそれを伝えながら)」

と不思議に思ったという話をよく聞きます。

日本で育った人間にとっては当たり前ですが、日本以外の国からみたら不思議にみえる事象があたあります。

もちろん、逆も然りです。

日本での常識は、日本以外の国での常識とは限りません。

常識は国の数だけあります。(正確には人の数だけあります)

なので、英語を学習する上では、英語そのものの運用能力だけでなく、英語圏の文化もある程度知っておく必要があります。

今回はその一例です。

 

では、英語で褒められたときにはどう対応したらよいのでしょうか。

 


褒められたら「Thank you」


英語圏の文化でで褒められたときには、

基本的に「Thank you」とお礼を言います。

これは日本文化と英米文化の決定的に違うところです。

日本文化では相手に褒められたとき「いえいえ、そんなこと」というように謙遜するということを知らない欧米人の方に英語で褒められたときに、

「No , no」などというと、相手を拒絶しているように思われてしまう可能性があります。

相手が褒めた内容を否定しているので、彼ら英語ネイティブスピーカーたちには、相手の発言を否定しているように捉えられてしまします。

少なくとも良い印象は感じられないでしょう。

つい、長年の日本人人格のクセで「No」と否定してしまわないように注意しましょう。

 

具体的な返答の仕方は、

Thank you

または

Thanks

でOKですが、そのあとに理由を続けるとよりいいです。(実際にはその方が多いです)

たとえば、

A:Your car is great!

B:Thanks. This car is italian car. 

 

ただ、「褒められてすぐに理由なんて思いつかない」という方が多いのではないでしょうか。

そんなときに使える便利なものがあります。

それは

That’s kind of to say so.

です。

あえて日本語に翻訳すると「そんなこと言ってくれるなんて、優しいですね」といったところ。

使い方としては、先ほどの理由と同様に、「Thanks」「Thank you」のあとに言います。

たとえば

A:Your car looks great!

B:Thanks. That’s kind of to say so.

 

とにかく、英語で褒められたことがある人もない人も、これからは褒められたら

「Thanks」「Thank you」と言いましょう。

これであなたも英語文化の人々の感覚に一歩近づいたはずです。

 


まとめ


褒められたら「Thank you」または「Thanks」

さらにそのあとに理由を述べるとgood!

理由がすぐ思いつかない時は

「Thank you」+「That’s kind of to say so」

「No」と否定するのはNG


[ Webで英語 トップへ ]