必見!電話でよく使われるフレーズ集


英語を学習していくうえで、テストや教材によく出てくる「hang up」「hold on」などの電話に関する用語。

映画でも電話での会話シーンがよくありますね(ほとんどの映画に少なくとも1シーンはあるはずです)。

 

しかし、たとえば、「hang up」や「hold on」、電話を「切る」のか「切らない」のか紛らわしくなるということもありますよね?

そこで、それ以外にも電話に関する英語のフレーズをまとめてみました。

 


「call~」で「~に電話する」


まずは、基本的なところから。

「誰々に電話をかける」というときは

call+[人]

または

telephon+[人]

でOKです。

たとえば、

I called him to tell about the plan.(彼にその計画について(伝えるために)電話した)

 


「hang up」「hold on」


では、いよいよ「hang up」「hold on」ですが、

結論から言うと

「hang up」が「電話を切る」で、「hold on」が「電話を切らない(切らないで待つ)」意になります。

 

紛らわしいですが、これを覚える方法があります。

「hold on」は「受話器を”hold”する」ということを押さえておけば、「hold on」=「電話を切らない」と納得がいきますね。

これで、「hold  on」が「切らない」とわかれば、残りの「hang up」が電話を「切る」だと判断できますね。

また「hold the line」も「電話を切らない」の意になります。

 

これらは、意味を取り間違えると、真逆の意味になるので注意です。

英語で電話をすることは滅多にないとは思いますが。

ただ、英語圏の国で生活するなら、これを知らないと困りすぎるでしょう(すぐ慣れるでしょうけど)。

 


「May I leave a message?」


さらに、電話に関するフレーズでよく出てくるのが、

May I leave a message?

です。

これはそのままで、message を leave していいか と言っているので、

「伝言を残してよろしいですか」という意になります。

これの応用で、

May I take a message?

は、message を take していいか と言っているので、

「(私に)伝言をお伝えいただけますか?」の意になります。

 

これも「hold on」「hang up」と同様に、真逆の意味になるので気を付けましょう。

take と leave の感覚がわかれば、間違えるはずはないとは思いますが。

 


まとめ


「call~」で「~に電話をかける」

電話を切る切らないhang uphold on

伝言を残す受け取るMay I leave a message?May I take a message?

 

「簡単じゃん、英語マスターするのって」
【今だけ無料公開中!】
「~英語を最速でマスターする20の方法~」
詳細はコチラ→

[ Webで英語 トップへ ]